ジムには定休日があるのでよく確認しておこう

ジムには定休日があるのでよく確認しておこう

スポーツジムへ通って筋肉トレーニングをしたり、健康促進に気にかけるのは健康寿命を長くするために推奨されている方法です。
健康であれば成人病の予防や、筋肉の衰えを防いで日常生活の怪我などを予防する効果もあります。
そのために市町村では公営で運営しているケースも少なくありません。
多くの場合にスポーツジムは定休日が設けられております。
公営の場合にならば月曜日が多いようです。
私営の場合には月ごとに定められており、マシンのメンテナンスや清掃などやスタッフの教育などに休日はあてられております。
事前にスケジュール表が張り出されるので確認すると同時に、ホームページサイトがある場合にはチェックをしておくのがおすすめです。
スポーツジムで運動をする気で出掛けて、駐車場が閉まっていることを経験してみると微妙な気持ちになります。
そんな時には運動をしたつもりでカフェでお茶をしたり、運動公園に車を止めて公園内を散歩するなどしてリラックスするといいかもしれません。

ジム入会時には会員カードが発行されるのでルールを順守する

ジムは基本的には会員だけしか入ることが出来ません。
体験入会やワンデイパスなどを利用する際にも、入会届に記述が必要であり受付で場内でのルールを説明されて順守しなくてはいけないのです。
マナーが悪いと他の人に迷惑をかけるだけではなく、高重量を扱っている関係上危険性が高くなってしまいます。
スポーツジムでは会員のための手続きが終了し、月額費を納めると会員カードを付与されるのです。
次回からはカードを提示して入場し、ルールに従って運動を行います。
マシンの独り占めはしてはいけませんし、例えばベンチプレスエリアの椅子で休憩したり、トレッドミルの手すりを使ってストレッチをするなどはマナー違反です。
有酸素運動系のマシンは体温が上昇し汗をかくので、タオルを持参して飛び散らないように配慮します。
飛び散ってしまった場合には、モップや備え付けのタオルで掃除するのです。
会員には決められたルールがあり、守ることで自分を含め気持ちよく施設を共用出来ます。

ジムに関する情報サイト
ジムに関する基本的な知識

ジムは効率的に運動が出来るように、負荷をかけられるマシンが所狭しと置かれております。レッグマシンにスミスマシンや有酸素運動のバイク、ストレッチを行うマットエリアなど様々です。ビッグスリーと言われるベンチプレスやデッドリフト、ダンベルを使ったスクワットなどもフリーエリアで行えます。部位ごとに分けて休息を入れながらトレーニングをして、超回復することで筋肉が肥大するのです。筋肉は重量があるために引き締め効果があります。

Search